平田 遼

平田 遼

Haruka Hirata

学年:博士後期課程1年

email : h.haruka 後ろに”@uec.ac.jp”を付けてください


研究テーマ

  • フォールト解析,サイドチャネル解析

Biography

  • 2019/3, 阿南工業高等専門学校 制御情報工学科 卒業
  • 2019/4, 電気通信大学 情報理工学域 3年次編入
  • 2021/3, 電気通信大学 情報理工学域 卒業
  • 2021/4, 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 情報学専攻 博士前期課程 入学
  • 2023/3, 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 情報学専攻 博士前期課程 修了
  • 2023/4, 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 情報学専攻 博士後期課程 入学

受賞歴

  • 令和2年度 電気通信大学 目黒会賞
  • Best Paper Award at CANDAR 2023, WICS (Nov., 2023). 
    Maki Tsukahara, Haruka Hirata, Mingyu Yang, Daiki Miyahara, Yang Li, Yuko Hara-Azumi and Kazuo Sakiyama, “On the Practical Dependency of Fresh Randomness in AES S-box with Second-Order TI” 

学術論文(査読あり)

  • Haruka Hirata, Daiki Miyahara, Victor Arribas, Yang Li, Noriyuki Miura,  Svetla Nikova, and Kazuo Sakiyama, “All You Need Is Fault: Zero-Value Attacks on AES and a New $\lambda$-Detection M&M,” IACR Transactions on Cryptographic Hardware and Embedded Systems, vol. 2024, no. 1, pp. 133–156. https://doi.org/10.46586/tches.v2024.i1.133-156
  • 羽田野凌太, 平田 遼, 松田航平, 三浦典之, 李陽, 崎山一男, “LFI検知回路に対するサイドチャネル攻撃耐性評価,” 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J104-A, No.5, pp.118-126

学会口頭発表(査読あり)

  • Maki Tsukahara, Haruka Hirata, Mingyu Yang, Daiki Miyahara, Yang Li, Yuko Hara-Azumi and Kazuo Sakiyama, “On the Practical Dependency of Fresh Randomness in AES S-box with Second-Order TI,” CANDAR 2023, WICS (Nov., 2023). 

学会口頭発表(査読なし)

  • 古野亨紀, 佐藤泰雅, 平田遼, 宮原大輝, 李陽, 﨑山一男, “故障感度情報を用いたt検定によるAESハードウェアの安全性評価,” 2024年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2024), 2G3-3, 6 pages, (Jan., 2024).
  • Kaiyuan Li, Haruka Hirata, Daiki Miyahara, Kazuo Sakiyama, Yang Li, “Implementation of Multiplicative Masked AES S-Box for M&M Scheme,” 2024年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2024), 2G2-3, 8 pages, (Jan., 2024).
  • 佐藤泰雅, 古野亨紀, 平田遼, 宮原大輝, 李陽, 﨑山一男, “TI技術によりシェア化されたAES S-boxの故障感度解析手法,” 2023年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2023), 3E2-5, 4 pages, (Jan., 2023).
  • Haruka Hirata, Daiki Miyahara, Yang Li, Kazuo Sakiyama, “Glitch-Based Key Recovery Using Entropy of Input Difference for the Canright S-box,” Poster Session, CARDIS 2022 Fall School, (Nov., 2022).
  • 佐藤泰雅, 古野亨紀, 平田遼, 宮原大輝, 崎山一男, “TI技術を用いたAES S-boxの故障感度の評価,” IEICE2022年ソサイエティ大会, (Sep., 2022).
  • 平田遼, 宮原大輝, 李陽, 三浦典之, 崎山一男, “パイプライン化されたAES S-boxへのフォールト攻撃に対する安全性評価,” 2022年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2022), 1C1-4, 6 pages, (Jan., 2022).
  • 塚原麻輝, 平田遼, 宮原大輝, 李陽, 崎山一男, “M&Mにより対策されたAES暗号ハードウェアの乱数依存性について,” 2022年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2022), 2C2-2, 6 pages, (Jan., 2022).
  • 塚原麻輝, 平田遼, 李陽, 崎山一男, “M&Mにより対策されたAES暗号ハードウェアに対するt検定,” IEICE2021年ソサイエティ大会, (Sep., 2021).
  • 古野亨紀, 平田遼, 李陽, 崎山一男, “M&Mにより対策されたAES暗号ハードウェアへの故障利用解析に向けた基礎実験,” IEICE2021年ソサイエティ大会, (Sep., 2021).
  • 平田遼, 羽田野凌太, 李陽, 三浦典之, 崎山一男, “M&Mにより対策されたAES暗号ハードウェアに対するサイドチャネル攻撃,” 2021年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2021),  (Jan., 2021)
  • 平田遼, 羽田野凌太, 李陽, 三浦典之, Svetla Nikova, 崎山一男, “M&Mにより対策されたAESハードウェアの安全性評価について,” IEICE2020年ソサイエティ大会, (Sep., 2020).
  • 羽田野凌太, 平田遼, 松田航平, 三浦典之, 李陽, 崎山一男, “レーザー検知回路から漏洩するサイドチャネル情報の考察,” 2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2020), 3E3-2, 7 pages, (Jan., 2020).

Cryptology ePrint Archive

  • Haruka Hirata, Daiki Miyahara, Victor Arribas, Yang Li, Noriyuki Miura,  Svetla Nikova, and Kazuo Sakiyama, “All You Need Is Fault: Zero-Value Attacks on AES and a New $\lambda$-Detection M&M,” Cryptology ePrint Archive, Report 2023/1129, 2023. https://eprint.iacr.org/2023/1129

その他の活動など

  • RISC-V Day Tokyo 2023 Summer
    ポスター発表: 「オープンソースなサイドチャネル解析評価ボードの開発」
  • セキュリティ・キャンプ全国大会2018 Xトラック参加, 同大会2019/2020 (チューター) 
  • サイボウズ・ラボユース9期生