平田 遼

平田 遼

Haruka Hirata

学年:博士後期課程2年

email : h.haruka 後ろに”@uec.ac.jp”を付けてください


研究テーマ

  • フォールト解析,サイドチャネル解析

Biography

  • 2019/3, 阿南工業高等専門学校 制御情報工学科 卒業
  • 2019/4, 電気通信大学 情報理工学域 3年次編入
  • 2021/3, 電気通信大学 情報理工学域 卒業
  • 2021/4, 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 情報学専攻 博士前期課程 入学
  • 2023/3, 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 情報学専攻 博士前期課程 修了
  • 2023/4, 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 情報学専攻 博士後期課程 入学

受賞歴

  1. 2024年 ISEC研究会活動貢献感謝状 授与 (May 2024)
  2. Best Paper Award at CANDAR 2023, WICS (Nov., 2023). 
    Maki Tsukahara, Haruka Hirata, Mingyu Yang, Daiki Miyahara, Yang Li, Yuko Hara-Azumi and Kazuo Sakiyama, “On the Practical Dependency of Fresh Randomness in AES S-box with Second-Order TI” 
  3. 令和2年度 電気通信大学 目黒会賞 (Mar. 2021)

学術論文(査読あり)

  1. Haruka Hirata, Daiki Miyahara, Victor Arribas, Yang Li, Noriyuki Miura,  Svetla Nikova, and Kazuo Sakiyama, “All You Need Is Fault: Zero-Value Attacks on AES and a New $\lambda$-Detection M&M,” IACR Transactions on Cryptographic Hardware and Embedded Systems, vol. 2024, no. 1, pp. 133–156. https://doi.org/10.46586/tches.v2024.i1.133-156
  2. 羽田野凌太, 平田 遼, 松田航平, 三浦典之, 李陽, 崎山一男, “LFI検知回路に対するサイドチャネル攻撃耐性評価,” 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J104-A, No.5, pp.118-126

学会口頭発表(査読あり)

  1. Maki Tsukahara, Haruka Hirata, Mingyu Yang, Daiki Miyahara, Yang Li, Yuko Hara-Azumi and Kazuo Sakiyama, “On the Practical Dependency of Fresh Randomness in AES S-box with Second-Order TI,” CANDAR 2023, WICS (Nov., 2023). 

学会口頭発表(査読なし)

  1. 古野亨紀, 佐藤泰雅, 平田遼, 宮原大輝, 李陽, 﨑山一男, “故障感度情報を用いたt検定によるAESハードウェアの安全性評価,” 2024年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2024), 2G3-3, 6 pages, (Jan., 2024).
  2. Kaiyuan Li, Haruka Hirata, Daiki Miyahara, Kazuo Sakiyama, Yang Li, “Implementation of Multiplicative Masked AES S-Box for M&M Scheme,” 2024年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2024), 2G2-3, 8 pages, (Jan., 2024).
  3. 佐藤泰雅, 古野亨紀, 平田遼, 宮原大輝, 李陽, 﨑山一男, “TI技術によりシェア化されたAES S-boxの故障感度解析手法,” 2023年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2023), 3E2-5, 4 pages, (Jan., 2023).
  4. Haruka Hirata, Daiki Miyahara, Yang Li, Kazuo Sakiyama, “Glitch-Based Key Recovery Using Entropy of Input Difference for the Canright S-box,” Poster Session, CARDIS 2022 Fall School, (Nov., 2022).
  5. 佐藤泰雅, 古野亨紀, 平田遼, 宮原大輝, 崎山一男, “TI技術を用いたAES S-boxの故障感度の評価,” IEICE2022年ソサイエティ大会, (Sep., 2022).
  6. 平田遼, 宮原大輝, 李陽, 三浦典之, 崎山一男, “パイプライン化されたAES S-boxへのフォールト攻撃に対する安全性評価,” 2022年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2022), 1C1-4, 6 pages, (Jan., 2022).
  7. 塚原麻輝, 平田遼, 宮原大輝, 李陽, 崎山一男, “M&Mにより対策されたAES暗号ハードウェアの乱数依存性について,” 2022年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2022), 2C2-2, 6 pages, (Jan., 2022).
  8. 塚原麻輝, 平田遼, 李陽, 崎山一男, “M&Mにより対策されたAES暗号ハードウェアに対するt検定,” IEICE2021年ソサイエティ大会, (Sep., 2021).
  9. 古野亨紀, 平田遼, 李陽, 崎山一男, “M&Mにより対策されたAES暗号ハードウェアへの故障利用解析に向けた基礎実験,” IEICE2021年ソサイエティ大会, (Sep., 2021).
  10. 平田遼, 羽田野凌太, 李陽, 三浦典之, 崎山一男, “M&Mにより対策されたAES暗号ハードウェアに対するサイドチャネル攻撃,” 2021年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2021),  (Jan., 2021)
  11. 平田遼, 羽田野凌太, 李陽, 三浦典之, Svetla Nikova, 崎山一男, “M&Mにより対策されたAESハードウェアの安全性評価について,” IEICE2020年ソサイエティ大会, (Sep., 2020).
  12. 羽田野凌太, 平田遼, 松田航平, 三浦典之, 李陽, 崎山一男, “レーザー検知回路から漏洩するサイドチャネル情報の考察,” 2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2020), 3E3-2, 7 pages, (Jan., 2020).

Cryptology ePrint Archive

  1. Haruka Hirata, Daiki Miyahara, Victor Arribas, Yang Li, Noriyuki Miura,  Svetla Nikova, and Kazuo Sakiyama, “All You Need Is Fault: Zero-Value Attacks on AES and a New $\lambda$-Detection M&M,” Cryptology ePrint Archive, Report 2023/1129, 2023. https://eprint.iacr.org/2023/1129

講演

  1. Haruka Hirata, Daiki Miyahara, Victor Arribas, Yang Li, Noriyuki Miura,  Svetla Nikova, and Kazuo Sakiyama, “All You Need Is Fault: Zero-Value Attacks on AES and a New $\lambda$-Detection M&M (from TCHES 2024),” 電子情報通信学会情報セキュリティ研究会, 機械振興会館 (May 15, 2024).

その他の活動など

  1. RISC-V Day Tokyo 2023 Summer
    ポスター発表: 「オープンソースなサイドチャネル解析評価ボードの開発」
  2. セキュリティ・キャンプ全国大会2018 Xトラック参加, 同大会2019/2020 (チューター) 
  3. サイボウズ・ラボユース9期生
    C++, GMPを用いた高速な楕円曲線暗号の実装(GitHub)